亀山社中焼肉バーゲン
モテリーマン通販

えきねっと JR西日本

えきねっととJR西日本おでかけネットを比較する

JR東日本のえきねっとJR西日本のJRおでかけネットを比較してみると、同じようでいろいろと違いがあります。

えきねっとで使える主な機能は、JRのチケット(乗車券や特急券、指定券など)や、航空券・ホテル&旅館・ツアー・レンタカーをインターネット上で予約できます。また、このようなサービスを利用することでえきねっとポイントというポイントが貯まり、ためたポイントは、「びゅう商品券」や「Suicaカード」などに交換ができるようになります。

また、えきねっとでJR東日本の新幹線指定席を申込み、JR東日本の指定席券売機で受け取るとえきねっと割引という割引サービスが受けられます。

JR西日本のJRおでかけネットでも、えきねっと同様にJRのチケット予約ができますし、ホテル&旅館予約やツアー予約もできますが、レンタカー予約はできないようですね。良く見ないとわかりませんが・・・・。

JR東日本のえきねっとと、JR西日本のJRおでかけネットを比べると、個人的にはえきねっとの方が見やすく使いやすい感じがします。使い慣れているという点もあるかもしれませんが、機能的にはやはりえきねっとの方が上だと思いますね。

えきねっと JR西日本

えきねっととJR西日本のJRおでかけネット

えきねっとはJR東日本が運営するサイトですが、JR西日本にも同じようなサイトがあります。そのサイト名は「JRおでかけネット」です。

JR西日本のJRおでかけネットは、えきねっと同様にサイト上から乗車券や特急券その他チケット等を予約・購入することができます。また、そのチケットは最寄のJR西日本の駅などで受け取ることができます。

えきねっとでは、予約したチケットについてはJR東日本の駅などでしか受け取ることができませんでしたが、JR西日本のおでかけネットでは、JR東海の主要駅でもチケットを受け取ることが可能です。

おでかけネットでインターネット予約をするためには、会員登録が必要です。J−WESTのネット会員登録をすることで、おでかけネットを使いこなすことが可能になります。会員登録は無料ですから、良く新幹線などを利用する方はぜひJR西日本のJRおでかけネットに登録してみてください。宿泊の伴う旅行や出張にも、チケット予約だけでなくホテル予約までできるおでかけネットが便利ですよ。

えきねっと JR西日本

えきねっとのようなJR西日本おでかけネットの使い方

JR東日本のえきねっとに対抗したJR西日本のJRおでかけネットは、インターネットで乗車券や特急券その他指定券、宿泊するホテルなどが予約・購入できる便利なサイトです。

予約できるのは日本全国のJRではなく、新幹線であれば東海道・山陽新幹線、在来線は主な特急の乗車券・指定券などです。

同じJRグループなので、どうせならえきねっとというサイトに統一して、全国各地の路線を予約でき、チケットの受け渡しも全国各地のJR駅でできるようになればいいと思うのですが、利用者としてはちょっとややこしいですね。

JR西日本のおでかけネットには、予約サービスだけでなく、会員向けのお得なツアー情報やメールマガジンの配信、JR西日本オリジナルのスクリーンセーバー・壁紙・デスクトップツールなどもあって楽しめます。

関西エリアにお住まいの方は、えきねっとではなくJR西日本のJRおでかけネットが便利ですよ。

えきねっと JR西日本

えきねっととJR西日本

えきねっとはJR東日本が運営する指定席・宿泊関連施設・イベントチケット等の予約ができる情報サイトですが、JR西日本とは関連性がないのかと思って調べてみました。

えきねっとでは、サイトで指定券などを予約すれば、最寄の駅などで受取ができるシステムなのですが、キップを受け取ることができるのはJR東日本の指定席券売機、JR東日本のみどりの窓口、びゅうプラザ(一部店舗除く)だけだそうです。

JR北海道・JR東海・JR西日本・JR四国・JR九州の窓口や券売機では受け取ることができません。

同じJRなんだから何とかして欲しいと思うのですが、このあたりが何だかおかしいですよね。グループ会社間での妙なライバル意識でしょうが、利用者には関係がありません。

東京にいるビジネスマンはしょっちゅう日本中に出張していますから、JR東日本、JR東海、JR西日本を使いこなしています。それなのにえきねっとを利用できるのがJR東日本のエリアだけというのが残念です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。